ものおきTOP / TOP

実験 1

学生時代は化学屋さんだったため、ちょいちょい実験をしていました。

まだみんな実験慣れしてない、ある日の事。 トイレの洗剤サン〇ールの塩素量を滴定する、という実験をする事になりました。 その実験ではサ〇ポールをごく少量とるために、ホールピペットなる物を使わな ければなりません。ホールピペットとは、ガラス製のストローの上部に膨らみがあるような形状で、 使い方は飲み物を飲むように、ちゅーっと吸い上げ、適量まできたら吸い口を舌でおさえ液体を止める。 そして、その液体を試験管等に移して使うのですが、慣れてないと…
「うげ!サンポ〇ル、口に入ってもたぁ!」
「おえーーっ…」
そう、うっかり止めるのが遅れ、口に入ってしまうのでした。

あの実験のおかげで、クラスの大半がサンポー〇の味を知りました。。